糖尿病の解消は食事改善が大切|健康を維持するコツ

料理

コントロールしましょう

介護

糖尿病の食事はバランスよく食べて、血糖値をコントロールする事が大事です。食物繊維を豊富にとる事で、血糖値の上昇が緩やかになります。宅配食などを利用して、カロリー計算や栄養バランスを整えるのも食事療法の一つです。

詳しく見る

糖質制限食のすすめ

男性

糖尿病の方には糖質が大敵です。糖質を控えた食事は味気ないと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。最近ではダイエット食としても注目が集まっている糖質制限で、家族みんなで一緒に健康を意識した食事をしましょう。

詳しく見る

血糖値が高くなったら

料理

糖尿病と診断されたら食事制限が必要になります。いろいろな食材をバランスよく摂り、油ものを控えて、調味料を減らして薄味とし、1日3食をきちんと摂ります。運動療法・薬物療法も合わせてうまく血糖値をコントロールします。

詳しく見る

早期発見して受診が大事

和食

暴飲暴食と運動不足は危険

糖尿病で大事なことは早めに症状に気づいて医師の診察を受けることです。糖尿病の特徴は目立った初期症状がないことです。そのため症状に気づいた時にはかなり進行していることがあります。初期症状としては暑くもないのに異常に咽が渇き、ペットボトルを空にするほど飲むことがあります。また水分を多く摂取するようになるため、尿の回数が多くなります。全身がだるくなって何事もやる気がなくなったりします。このような症状を自覚したらすぐに受診します。糖尿病になってしまう一番の原因は食事です。特に暴飲暴食は要注意です。また運動不足も大きな原因です。食事を食べ過ぎて運動をしないといった生活を続けると、体内にコレステロールが蓄積して糖尿病を発症します。

食べ方と料理を工夫する

糖尿病を防ぐには食事の仕方がとても大事です。基本的には朝、昼、晩としっかり食べることです。栄養バランスが取れるようにメニューを考える必要があります。食べる時の工夫としては、暴飲暴食をしないために口の中で良く咀嚼することが大事です。よく噛んで時間をかけて食べると満腹感を得やすいです。糖尿病の診断が下ると管理栄養士が監修した食材の一覧表をもらえますので、それを目安にして毎日の食事を作ることになります。ただしただでさえ忙しい主婦が、健康な家族のための食事と糖尿病食の両方を作るのはとても大変です。そのような時は糖尿病食の宅配弁当を利用するなどの工夫が必要です。宅配弁当といっても管理栄養士が監修しているので安心して食べられます。