糖尿病の解消は食事改善が大切|健康を維持するコツ

介護

コントロールしましょう

介護

血糖値をコントロール

糖尿病の食事は、やみくもに糖分を減らすわけではなく、血糖値をコントロールしながらバランスよく食べる事が大事です。1日3食をしっかりと分けて食べる事によって、血糖の上昇が緩やかになり血糖値のコントロールが出来ますが、一度に大量の食事をすると一気に血糖値が上がるので避けましょう。甘いお菓子やアルコールは、たくさん摂取すると血糖値が急上昇したり、糖尿病の合併症と言われる動脈硬化などを促したりしてしまうので、控えた方が無難です。野菜や海草、芋類に豊富に含まれている食物繊維は、糖尿病に良い物なので積極的に摂ると良いでしょう。食物繊維は、糖分の吸収を遅らせたり、脂肪の吸収を抑制する働きをするので、血糖値が上がりにくくなるのです。

長く続けていきましょう

糖尿病は完全治癒が難しいので、長く食事療法を続けていく事が大切です。特に、血糖値を急上昇させずにコントロール出来れば、それほど厳しい病人食にする必要もないのです。自分の摂ってよいカロリーを、バランスよく食べて、甘いお菓子やアルコールを避ける事だけです。バランスの良い食事は、ご飯やパンなどの主食に魚や肉などのたんぱく質と野菜や芋類の副菜にプラスして、カルシウムやフルーツです。もちろん一日に摂取出来るカロリーは、その人の身長や体重、普段の運動量によって変わります。しっかりと体重に見合ったカロリー摂取を心がけましょう。毎日のカロリー計算が面倒な時には、糖尿病を患っている人用の病食を宅配して貰うのも一つの手です。宅配の病食であれば既にカロリー計算が済んでおり、食事の栄養バランスも整えられているので、様々な手間を省いてくれます。